さつマグネ紹介~鹿児島県内市町村別~

地図上の市町村名をクリックすると、さつマグネのご紹介に飛びます。 

随時更新していきますので、お楽しみに♪

※紹介文の中で、マークがついたものは、ご当地情報をお寄せいただいて製作したものです。

ボード

【鹿児島県地図がだいぶ埋まってきました♪】
(クリックすると別ウィンドウで大きな画像が表示されます)


Copyright © 2015 dreamseeker.

*市町村は、五十音順にご紹介しています*

※紹介文の中で、マークがついたものは、ご当地情報をお寄せいただいて製作したものです。

≪姶良市≫      
くも合戦 【くも合戦】

2匹のクモが長さ60cmの横棒(ヒモシ)の上で戦う。
島津義弘公が始めたと言われ、今も小学生から合戦歴60年以上のベテランまで参加し、地域全体で伝承されている。
   
       
≪阿久根市≫      
ぼんたん 【ぼんたん】

阿久根に漂着した中国人の謝分旦が地元へのお礼に贈ったことから「ぼんたん」と名付けられた。大きな果実で皮が厚く、歯応え、酸味、甘みのバランスがやみつきに。
   
       
≪奄美市≫(奄美大島)    
アマミノクロウサギ 【アマミノクロウサギ】

奄美大島と徳之島の固有種。国内希少動物種に指定されている。近年は交通事故死が多く、対策も考えられている。
   
       
≪伊佐市≫      
曾木の滝 【曽木の滝】

滝幅210m、高さ12mで夏には水量も増え壮大かつ豪快。
「東洋のナイアガラ」とも呼ばれ一帯の自然公園では桜や紅葉など季節も感じられる。
   
       
≪出水市≫      
出水鶴 【出水鶴】

多くの日本一を誇る出水市の中でも最も有名な鶴。
渡来数と種類の多さが日本一と言われており、国の天然記念物にも指定されています。
   
       
≪いちき串木野市≫      
【美山薩摩焼】

薩摩焼の県下最大の産地。
島津家の庇護のもとで開窯をしたのが薩摩焼の始まり。
薩摩藩が単独でパリ万博に出品し、ヨーロッパ人を魅了。
さつま揚げ 【さつま揚げ】

由来は諸説あるが、薩摩藩主28代島津斉彬公が薩摩の気候に適した保存料理としてかまぼこなどを参考に考案したとも伝えられている。
冠嶽 【冠岳】

歴史ある霊山。九州百名山にも指定され、登山者も増えている。麓には温泉もあり、地元の方々にも親しまれている。
   
       
≪指宿市≫      
開聞岳 【開聞岳】

鹿児島県の薩摩半島の最南端に位置する日本百名山のひとつ。
標高が924mで、別名薩摩富士と呼ばれ、温泉気分を味わえます。
池田湖イッシー 【池田湖イッシー】

1970年代目撃情報が相次いだ未確認生物UMA。
九州最大の池田湖は湖底が深く、珍しい生物が生息しています。
砂蒸し温泉 【砂蒸し温泉】

戦国時代から続く指宿に伝わる健康法。
砂蒸しの効果は普通の温泉の3~4倍もあるとか。
そうめん流し 【そうめん流し】

指宿が発祥の回転式のそうめん流し。
今は鹿児島県内の色々な所で食べられ、鹿児島の夏の定番になっています。
薩摩伝承館 【薩摩伝承館】

※詳細は後日ご紹介します。
 
       
≪大崎町≫      
カブト虫相撲大会 【カブト虫相撲大会】

自然豊かな大崎町では、毎年カブトムシ相撲を行い、道の駅にも巨大なカブトムシモニュメントを置くなど、街のシンボルのひとつになっています。
   
       
≪鹿児島市≫
しろくま 【しろくま】

寒天や羊羹、豆やフルーツの缶詰などをのせた鹿児島名物のかき氷。
平川動物公園 【平川動物公園コアラ】
 
コアラの飼育頭数日本一で、九州で唯一コアラが見られる動物園。約140種が豊かな自然に囲まれて暮らす。園内はさまざまな工夫がされていて、動物が近くに感じられる。
【薩摩切子】

細かい細工や色被せが特徴的な切子グラス。
島津斉彬公によって生み出されました。
尚古集成館 【尚古集成館】

日本で最も古い石造洋式機械工場「旧集成館機械工場」で世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」に登録されています。
【猫神神社】

日本で唯一猫を「祀る」(まつる)猫神神社。
島津義弘公に従って朝鮮に出兵した7匹の猫の内生き残った2匹が祀られています。
両棒餅(じゃんぼもち) 【両棒餅(じゃんぼもち)】

武士が刀を2本差していた姿を模したものと言われています。
中国語がなまって名づけられたという説もあります。
桜島 【桜島】

鹿児島湾(錦江湾)にある活火山。
大正大噴火で大隅と陸続きになりました。
桜島と街並 【桜島と街並】

桜島を望む代表的な風景。
鹿児島市街地にある標高107mの小高い山、城山展望台から見ることが出来ます。
オッのコンボ 【オッのコンボ】

鹿児島に古くから伝わる幸福の守り神。
一家の無病息災を見守る神様。
くろぶた 【くろぶた】

豚の芸術品。
黒豚のおいしさが全国に広まったのは江戸後期。
西郷、大久保、小松も皆豚肉を食べて育った。
       
≪鹿屋市≫      
プリンセスかのや 【プリンセスかのや】

鹿屋市には日本最大規模を誇るばら園があります。8haの広大な敷地に鹿屋オリジナルのバラ「プリンセスかのや」
をはじめ4000種のばらが植えられています。
   
       
≪肝付町≫      
高山やぶさめ祭 【高山流鏑馬(やぶさめ)】

鎌倉時代に始まり国家安泰、五穀豊穣、悪疫退散を祈願し奉納。高山流鏑馬では中学生が騎手を務める。
   
       
≪霧島市≫  
霧島神宮 【霧島神宮】

遠い神代の古えより、
霊峰高千穂峰に鎮座すると
伝えられています。
社殿は約300年前の建物で、
平成元年には国の重要文化財の指定を受けました。
ミヤマキリシマ 【ミヤマキリシマ】

鹿児島県の花。
ツツジの一種で、5月中旬~6月上旬頃に霧島など高山に咲く。
初午祭 【初午祭】

「鈴かけ馬踊り」という珍しい風習。多くの鈴が連なった胸飾り、花や錦などを飾った蔵を付けた馬を躍らせ商売繁盛や厄払いを祈念する。
通称・しゃんしゃん馬。
鯛車 【鯛車】

郷土玩具のひとつ。張り子や木製の鯛に車をつけ、引いて遊ぶもの。赤い色が幼児の悪病を退散させるという俗信から古くから祝い物にも用いられてきた。
双子壺 【双子壺】

上野原台地から対で発見さ
れた造形土器。この場所でまつりが行われたと考えられています。
上野原遺跡のような「双子壺」の出土例を示す遺跡はまだありません。
霧島温泉 【霧島温泉】

日本で初めて国立公園に指定された霧島連山の中腹にある温泉郷。
大自然の中で個性豊かなさまざまな温泉が楽しめます。
≪薩摩川内市≫      
川内川あらし 【川内川あらし】

川内川の大きくうねるような河川形状と特定の気候条件が重なった時に起こる非常に珍しい現象。
街一帯が川霧で真っ白になる様は幻想的。
   
≪さつま町≫      
あおし柿 【あおし柿】

さつま町紫尾温泉の秋の風物詩。渋柿を温泉の柿専用浴槽にひと晩漬けます。
ほのかな硫黄の香りと渋が抜けた独特の甘みが人気。
   
       
≪志布志市≫      
志布志お釈迦祭り 【志布志お釈迦祭り】

※詳細は後日ご紹介します。
   
       
≪曽於市≫      
弥五郎どん 【弥五郎どん】

弥五郎どん祭りは約900年の伝統がある県下3大祭りのひとつ。3兄弟の次男とされ、毎年11月に3兄弟それぞれが祀られている場所で祭事が行われている。弥五郎どんのモデルとなった人は諸説あり、はっきりしていない。
   
       
≪瀬戸内町≫(奄美大島)    
アマミホシゾラフグ 【アマミホシゾラフグ】

奄美大島沖で発見された新種のフグ。オスが作る直径約2mの産卵巣はミステリーサークルに例えられる。
   
       
≪龍郷町≫(奄美大島)    
ハートロック 【ハートロック】

龍郷町赤尾木の海岸に、干潮の時だけ現れるハート形の潮だまり。恋愛成就のパワースポットとして人気。
   
≪十島村≫(悪石島)
悪石島のボゼ 【悪石島のボゼ】

盆の終わりに現れるとされる悪石島に伝わる来訪神。トカラ列島の奇祭と呼ばれ、平成30年にユネスコ無形文化遺産「来訪神・仮面・仮装の神々」に登録される。
   
       
≪中種子町≫(種子島)    
安納芋 【安納芋】

安納いも発祥の地。他の土地で作られた安納いもより糖度が高く、ミネラルも豊富に含まれる。
   
≪西之表市≫(種子島)    
種子島銃 【種子島銃】

種子島に漂着した南蛮船から伝わり、織田信長がいち早く戦術に使い国内統一を果たすなど、戦国時代の戦いのあり方を大きく変えた。
   
       
≪枕崎市≫      
かつお 【かつお】

鰹節の生産日本一。近海のとれたて生かつおや遠洋で一本釣りしたかつおを船上で生き締めした「ぶえん鰹」が味わえる。
   
       
≪三島村≫(硫黄島)    
薩摩硫黄島のメンドン 【薩摩硫黄島のメンドン】

硫黄島で古くから伝えられている厄払いの仮面神。平成30年には「来訪神・仮面・仮装の神々」として、ユネスコ無形文化遺産に登録される。
   
       
≪南大隅町≫      
雄川の滝 【雄川の滝】

200mの遊歩道の先に、46mの高さから流れ落ちる滝の迫力と幅60mの岸壁に囲まれたエメラルドブルーの滝つぼが神秘的。
   
       
≪南さつま市≫      
サンセットブリッジ 【サンセットブリッジ】

万ノ瀬河口にあり、夕暮れ時には素晴らしい景色が広がる。周辺の干潟には天然記念物のハマボウの群落や数多くの生物が生息している。
   
       
≪南種子町≫(種子島)    
種子島宇宙センター 【種子島宇宙センター】

日本最大のロケット発射場。種子島東南端の海岸線に面しており、世界一美しいロケット発射場と言われている。
   
       
≪与論町≫(与論島)    
ドラゴンフルーツ 【ドラゴンフルーツ】

中南米原産で外観に特徴。栽培が盛んな与論島ではあちこちで畑が見られる。果肉は白いものも。
   
       
≪和泊町≫(沖永良部島)    
えらぶゆり 【えらぶゆり】

100年以上前から沖永良部島で栽培されるテッポウユリ。
輸出されて、世界に知られる花となった。